ABOUT | 砥部焼 清月窯

清月窯について

清月窯(せいげつがま)は三代続く愛媛県砥部町の窯元です。
やさしく温かみのある風合いの器を作陶する野村和孝。使って楽しくなる『トリネコ屋』ブランドの器をデザインする野村千春。二人の作家による異なる作風が特徴です。

─ 伝統と創造 ─

清月窯の技法とデザイン

「飛び鉋(トビカンナ)」

鉋と呼ばれるヘラの刃先を使い連続した削り目をつける、砥部焼では珍しい技法。
温かみのある手触りが特徴です。

「トリネコ屋」

もっと気ままに、もっと自由に、毎日使う日用品にも楽しさを。

清月窯では、長く培われた技法を重んじながらも、常に新しい「あ、コレいいな」をデザインしています。

ユニークな動物たちをモチーフにした『トリネコ屋』ブランドは、自分らしさを大切にしたい方への、ほんわり個性的な砥部焼のご提案です。